日本の技術力は、世界でも非常に優れたものとして評価を受けています。
これらの技術進歩は、一つには算数・数学の発想力に裏打ちされたものといえるのではないでしょうか。
算数・数学の問題では、答えがたった一つでも、その答えを導き出すためのプロセスにはいく通りも考えられることがあります。
“この解き方では行き詰まる”となった時、“それではこの解き方ではどうだろう?”と見方を変えて考える力、実はこの力をつけることが大切なのです。
算数・数学教室では、ただ機械的に計算したり、暗記をしたりするのではなく、自ら考え、段階を踏んで思考力を高めていくよう指導いたします。
(1).5ステップ教材
 文部科学省の学習指導要領が定める、小・中学校での学習領域を網羅。 1枚1枚のプリント教材が、5ステップ思考法に基づいて、基礎的な問題から応用へと発展するように設定されており、発見や創造、推進、洞察などの力、つまり“思考力”が身につくように構成されています。さらに学校での学習内容に加え、「応用」「発展」までを学習できるよう「発展単元」「THINK単元」を加えています。算数・数学教室の柱となるオリジナル教材です。
(2).確認テスト
学習単元の確認、新入会生の習熟度診断、定期テスト対策などの用途に使用。学習単元ごとの構成のため、きめ細かく習熟度が確認できます。
(3).計算マスター
5ステップ教材に加えて計算分野のみピックアップして、さらに計算の正確さ・早さを身につけるため、またその力を維持するために開発された教材です。

学習塾のよしあしを左右するのは、何といっても教材。小学生1年生から高校受験までの一貫した義務教育課程に基づいて開発されたRCCの教材は、現場の学校の先生方も絶賛する内容。自然に一つ一つの項目が身についていく、独自の5ステップ方式が取り入られています。
●発展単元
 応用・発展学習の一環として、旧学習指導要領り削除された学習内容で構成しています。この単元で、2002年度より学校で扱わなくなった内容にも一歩踏み込んで取り組めます。
●THINK単元
 学習指導要領のカリキュラムに制限されることなく「学び好きな子ども」を育てていくために、「工夫して解く」「ゲーム感覚で解く」「調べながら解く」「作業的に解く」「いろいろな考えを組み合わせて解く」ことで、数学的な考え方を様々な角度から捉えることが出来るよう、また思考に柔軟性を持たせられるよう、この単元を加えました。
小学校低学年からこのような問題に取り組むことにより、入試における新傾向問題にも充分な対応が出来ます。